• よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
女性向け健診、定期健康診断・人間ドック
03-5413-0049
電話受付:月~金 9:00~17:00
外来診療・その他
03-5472-1100
電話受付:月~金 9:00~18:00
院長ブログ

ハマサイトの妊活報告-卵子のはなし・卵子提供急増の実態-

第3者の「卵子提供」を受けての妊娠する女性、一方自身の「卵子提供」を行う女性、 どちらも日本女性の中で急増していることを皆さまはご存じでしょうか?
今夜もNHKクローズアップ現代でその深刻化が報じられていました。

~「卵子提供」の問題 ~
日本と諸外国の倫理観の違い、営利目的の危惧、提供をうけるほとんどが高齢妊娠者で妊娠・出産に伴うリスクの増加、提供者への排卵誘発によるリスク、など沢山あげられます。 社会が豊かになり医療が発展したことが、以前には無かった新たな問題を生み出しています。

~妊娠に適した年齢と身体を考えてみましょう~
私は一産婦人科医師として子どもが欲しいと願う方々を応援したいと思うと同時に、本来あるべき「自然の摂理」ということも大事に考えています。
願わくば自然に、そのための「妊娠に適した年齢・妊娠に適した身体づくり」というものを多くの人たちに出来るだけ早く知ってほしい、これからも啓発していきますSmile

ハマサイトの妊活報告-卵子のはなし・卵巣予備力AMHを測ってみましょう-

「妊娠適齢期」よく耳にするでしょうか? 一般的に妊娠適齢期は20~34歳といわれます。それは一般に35歳くらいから健康な卵子の数が減っていくからです。

~「卵子の数」と「AMH(抗ミュラー管ホルモン)」とは?~

驚くことに、卵子数は胎児の時がピークで生まれてからもずっと減り続けます。 20代で不妊症に悩むかたもいれば、40代で自然に妊娠するかたもいます。 そのような個体差の一つに「卵子の数」もあげられます。 現在はAMHというホルモンの採血検査で卵子の数=卵巣の予備力を調べられるようになりましたSmile

卵子の数や質には個人差があり、必ずしも年齢に比例するとは限りません。AMHが低いと卵子の数が少ないので早めに妊活をお勧めしています。

~AMH(抗ミュラー管ホルモン)を測ってみましょう~

ハマサイトクリニックでも多くの方が検査をされています。 実年齢と同じくらいのかた、10歳も若い!!というかた、妊活少し急ごうね、というかた 様々です。ライフプランの一つの指標になりますね Smile