• よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
女性向け健診、定期健康診断・人間ドック
03-5413-0049
電話受付:月~金 9:00~17:00
外来診療・その他
03-5472-1100
電話受付:月~金 9:00~18:00
院長ブログ

OZmallイベント! ~学びカフェ 30歳代の婦人科レッスン‘将来のための子宮力up’~に参加して

都内では早咲きの桜が見え始め、冬枯れの景色が徐々に明るくなってきましたねSmile
新年度を目前に何か新しいことを始めようと計画している方もいらっしゃるのではないでしょうか。


さて、先日‘将来のための子宮力upを学びたい!’という30代の皆様と共に学ぶ機会をいただきました。
会場は表参道にあるとても素敵なブックカフェ‘ブリッサリブレリア’。
婦人科のお話だけでなく、私自身のライフスタイルもご紹介させていただきました! IMG_0178

特に私が大切にしているのは「食生活」。
子宮力も女性ホルモンのバランスも食の影響は多大です。
私の著書‘妊活バイブル’にも詳しく載せていますSmile

IMG_0188

IMG_0183

2015年を迎えての抱負-仙台女性医師の会、新年会に参加して―

久しぶりにゆっくりとしたお正月を過ごし、諸々新年の行事が落ち着いてまいりました。

今年の目標、皆様はお決まりでしょうか?

 

先日今年初めての講演招請で仙台に行ってまいりました。全国各地に様々な‘女性医師の会’があり、今回は初めて宮城県の会に参加させていただきました。

 

会の中である先生のお話から‘日本のジェンダーギャップ(男女平等指数)が世界104位’という話題がありました。現役医師、政治や企業管理職に女性が少ないこと、そもそもそのような立場を目指す女性自体も少ないのかもしれません。

 

宮城女性医師の会は、女性の社会進出を応援する様々な活動をされている先生方が沢山おられました。私も医師として出来ること、視野を広げさらに探していこう、と背中を押していただきました。

先生方との写真

2015.01.17仙台

私の今年の目標はライフワークとなっているエクオール研究について、新たな可能性を探ること、海外の方々へも発信することです!また皆様へお伝えしてまいりますSmile

第25回北米閉経学会参加のご報告~欧米での更年期対策は?~

都内の紅葉も見ごろとなってきましたね。日中はまだ過ごしやすく散策など楽しみたいものです。

さて先月私は北米閉経学会(於;ワシントンDCに参加してまいりました。

日本より一足早い紅葉、空色の違い、葉っぱも大きい、日本とはまた違ったさわやかな景色を楽しみましたSmile

 

私が興味深く感じた欧米での更年期障害とその対策。

食文化の違い―大豆摂取が少ないなど―のせいか、ホットフラッシュや寝汗など身体の症状は日本人より重い印象です。また肥満とホットフラッシュは比例するとの報告も。

 

また、日本よりも乳癌や血栓症のリスクをかかえた方が多いので、ホルモン代替療法の試みはさかんな印象でした。抗うつ剤やハーブなどが実際に使用されています。

 

そして日本との大きな違いは性生活対策も多く取り上げられていました。

“ PAINFUL SEX? TIME TO TALK!”と展示場でも大きく掲げられ、専用の薬剤や医療機器も様々なものが使用されています。

 

☆写真は学会の一日☆

・朝食から始まります

photo

・主要なシンポジウムの大半を女性医師が占めていました!!

photo

・薬や医療機器の展示場(中は撮影禁止)

photo

・夜の懇親会~ホールではダンスも~

photo

 

~エクオールについてはまだ認知が低く、ホルモン代替の役割も含め、私達日本からの発信がますます重要だと感じました!~

エクオール研究で学会奨励賞を受賞しました~第13回更年期と加齢のヘルスケア学会のご報告~

秋の過ごしやすい季節になりましたね。

久しぶりのブログ更新になります、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?

2014年は「女性ホルモンのゆらぎと上手くつきあう」をテーマに日々診療の合間、各地へ講演やセミナー活動に行脚しています!これからお会いする方もいるかもしれませんね。 セミナー後たくさんの方々がハマサイトまでお越しくださりとても嬉しく思っていますSmile

 

~さて、学会活動もハイシーズンまっただ中です。

先日10月5日に都内で開催された‘第13回更年期と加齢のヘルスケア学会’、 私はハマサイトでの研究「エクオール含有食品はHRTの代替になりうるか?」について発表しました。

エクオールと女性ホルモン補充療法(HRT)との効果比較を行い、その結果エクオールは更年期障害に摂取3ヵ月程度でHRTに近い改善を、また動脈硬化や血圧に対してはより優れた改善結果が認められました。

この発表で私は学会奨励賞をいただきました!

今後もエクオールの様々な効果に医学会でも期待がよせられています。

学会看板受賞

 ☆写真は懇親会で行われた表彰の模様☆

☆☆同日、‘デリケートゾーンケア’の講演も行いました!そちらの展示ブースの模様☆☆

デリケートゾーンケア

 ~エクオールは大豆イソフラボンが腸内で代謝され作られる成分で女性ホルモン様作用によるさまざまな効果が期待される成分~

~ハマサイトクリニックは日本発のエクオール検査実施医療機関です~

第14回日本抗加齢医学会・発表ご報告

先週から関東地方は梅雨入り、不快指数が高まりつつありますね。皆さまはお変わりなくお過ごしでしょうか?
この度、6月6日から8日まで大阪国際会議場にて開催された抗加齢医学会に参加してきました。天気も良く束の間のリフレッシュにもなりましたSmile

☆以前よりご紹介しているエクオール、実際にサプリメントで摂取できるようになりました。
今回は‘エクオールの更年期症状への効果’ について、ハマサイトクリニックでの研究結果について発表しました!

kokarei_20140608_01kokarei_20140608_02

☆私のまとめた結果で「疲れ・物忘れ・肩こり・冷え・腰痛」が特によく改善し、血管の硬さ(動脈硬化)や血圧も改善傾向が認められました。
更年期症状全体の改善は1ヵ月で50%、2カ月以降で80%の方が実感されています。

これまでもエクオール効果として「肌のシワ、うるおい」「コレステロール改善」「乳がん予防」など女性のヘルスケアの味方となってくれる報告が多くあります 今後の研究、発展が楽しみですねSmile

アンチエイジング医師団 医療・メディア懇話会「男のヤル気・女のヤル気」 ~ゲストスピーカに招請されました!~

急に春めいた空気を感じ嬉しいな、と思ったら春の嵐到来。毎年この時期はこんな感じだったかなあ、花粉飛散もピークを 迎えこの時期は天気予報を見る頻度が増してしまいます。

さて、一昨日アンチエイジング医師団主催の懇話会に参加させていただきました!
医師団とマスメディアの交流により、最新の医療トピックを共有し、QOL向上の情報発信を目的とした会なのだそうです。

~外国人記者クラブ、とてもお洒落な会場での開催でしたよ~

表題の通り、「男のヤル気・女のヤル気」が今回のトピック、私は「女のヤル気」の担当。
日常診療で行っているホルモン治療の最適な使い方、スーパーイソフラボンとして注目されているエクオールの話題、ハマ サイトでの新たな試みなどについて講演しました。

「男のヤル気」については目からウロコの情報を(驚!!)、また最新の形成・美容外科の実際についても学ばせて頂きと ても楽しく有意義な会でしたSmile

第13回日本抗加齢医学会報告-エクオールと女性の健康-

6月28~30日、横浜にて日本抗加齢医学会が開催されました

☆私は「更年期外来患者に対するエクオール含有大豆胚芽発酵食品摂取による症状および各種パラメータの改善について」という内容で演題発表をしました

~エクオールは大豆イソフラボンが腸内で代謝され作られる成分で女性ホルモン様作用によるさまざまな効果が期待される成分です。~

本研究の目的は更年期障害に対して、ホルモン治療が行えない方や抵抗のある方に、ホルモン治療にかわる効果的な方法を検討することにあります

今回のデータから、「エクオールの摂取」により開始3ヵ月で約6割、開始6ヵ月で約8割、更年期症状の全般改善効果が認められました
開始半年での改善率はホルモン補充療法と同等の結果が得られました

このほか、骨密度、血圧や動脈硬化に対する改善傾向も認められ、エクオールの女性への幅広い健康効果が期待できる結果となりましたSmile

☆写真:企業展示でもエクオールの紹介がありました!
近く皆さまにもご案内できることと思いますSmile

日本高加齢医学会 日本高加齢医学会 日本高加齢医学会

野菜ソムリエ協会とコラボレーションセミナー報告-スーパーイソフラボン・大豆エクオールの話題-

5月22日、日本野菜ソムリエ協会の皆様と会員制リゾートホテル「東京ベイコートクラブ」にて行われた“医×食”のイベントに講師として参加してまいりました

日本野菜ソムリエ協会

日本野菜ソムリエ協会では‘ビューティーフードプログラム’という食事から健康と美容をサポートする発信を行っています。さまざまなイベントも行われており、この度ご縁あって初めてお招きいただきました

☆私の講演では現在研究テーマの1つでもある‘植物性エストロゲン(女性ホルモン)’の本体といわれる‘エクオール’について講演させていただきました

~エクオールは大豆イソフラボンが腸内で代謝され作られる成分で女性ホルモン様作用によるさまざまな効果が期待される成分です。詳細は追ってご案内してまいります~

講演のあとは、ホテル内のリストランテOZIOでシェフがこの日のために講演の内容に沿って考案した「限定メニュー」!今回は大豆・豆をつかったメニューを含め素晴らしいディナーを堪能しましたSmile  

OZIO 豆腐のステーキ トンカ豆のジェラート

(写真は)
☆豆腐のステーキ
☆トンカ豆のジェラート
☆OZIO
☆講演模様

第65回日本産婦人科学会参加だより-学会発表報告-

5月10日から12日までの3日間、札幌で日本産婦人科学会が開催されました
夏日の東京から飛び立ち、冬が明けた札幌で桜の花が新鮮でした!

日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会

☆これまで「若いうちにより高い骨密度を得るためには?」という大きなテーマについて東京女子医大時代からの研究チームで大規模調査を行っています
今回は19~25歳の主に食習慣の解析結果について発表しましたSmile

~骨密度のピーク年齢で骨貯金を~
更年期以降、女性は骨密度が急に低下し、その後骨粗しょう症や骨折をおこし寝たきりの原因となります。「骨密度の貯金」をつくるには骨量ピークの20~30歳ころまでの運動量・食習慣がカギとなるのです

~朝食を毎日食べましょう~
解析結果では1日3食のうち、朝食を抜く回数が多いほど、3大栄養素やカルシウム、ビタミンDなどの摂取量が低く、骨密度が低くなる傾向が示され、とくに1週間で3回以上朝食を食べないとその傾向が強くなりました

☆朝食を毎日食べる習慣のある女子は食生活全体のバランスがよい傾向にあると思われます。ダイエット論などでは「朝食をとる?とらない?」いろいろのご意見も聞かれますが
私は断然「毎日朝食!」をお勧めします

健診シーズンにあたって-全日本病院協会の認定をいただきました!

今年は行楽日和の続いたゴールデンウィーク、皆さまはいかがおすごしでしたか?
連休が明けハマサイトクリニックも本格的な健診シーズンを迎えています
この度はうれしいご報告です

~人間ドックの認定医療機関へ~
全日本病院協会の健康保険組合連合会から2013年5月1日付で認定証をいただきました
(☆写真は認定証です)今後もスタッフ一同、よりよい医療の提供に努めてまいります

認定証 認定証

~ハマサイトクリニックの特徴~
私が当院へ赴任して3年経ちますが、当院では健診と外来の両方に力を入れていること、個別対応による診療科(内科、婦人科、整形外科、自由診療)の枠を超えた柔軟な診療の実施、が大きな特徴です。
健診で気になることが見つかった場合、外来で診療・治療がおこなうことができます。
特に私が専門の婦人科系については2次検診先をさがすことなくそのまま診療を受けられますのでご安心ください
Smile