• よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
女性向け健診、定期健康診断・人間ドック
03-5413-0049
電話受付:月~金 9:00~17:00
外来診療・その他
03-5472-1100
電話受付:月~金 9:00~18:00
院長ブログ

エクオール検査・更年期診断パック

2014年、新年を迎えました!今年も皆さまにとって幸せな年になることを願っていますSmile

今年はホームページをリニューアルし、ハマサイト発の簡単に更年期リスクを知る「更年期診断パック」そして医療機関としては日本発で実施している「エクオール検査」をもっと多くの方々へ知っていただきたくご案内しています。

「早めの更年期対策を考えたい」「更年期障害が心配」「更年期を卒業した後はどうしたらよい?」など、女性皆様の健康管理にお役立ていただきたいと思います。

☆遅ればせながら昨日はハマサイト新年会、スタッフとしばし楽しい時間を過ごしました。今年もどうぞよろしくお願いいたします☆

~エクオールは大豆イソフラボンが腸内で代謝され作られる成分で女性ホルモン様作用によるさまざまな効果が期待される成分です。~

2013年10月2日発売、雑誌:「はじめる妊活BIBLE」スペシャルインタビュー掲載!

朝晩は秋の爽やかな風を感じられる季節になりましたね、一方秋雨など気温の変化が大きく‘秋バテ’の声も聞かれます。皆さまはお変わりなくお過ごしでしょうか?

☆昨年発刊の私の著書「パートナーと考える出産‐妊活バイブル」とのご縁あって、
この度「はじめる妊活BIBLE」のスペシャルインタビューに掲載させていただきました!

☆日頃ハマサイトクリニックでは、妊娠の希望に関わらず「いつでも妊娠できる身体は女性として健康な身体」という意識で皆さまに啓発・診療にあたっています

普段感じていること、健康のありかた、インタビューでお答えしています ハマサイトクリニックの紹介もありますので、よろしければぜひご一読くださいSmile

はじめる妊活バイブル はじめる妊活バイブル

不老のサプリメント-サプリの選び方、新しい考え方とは?-

今年は例年より早い梅雨入り宣言、先日そんな合間の爽やかな晴れ日、かねてより医療連携をさせていただいている銀座医院の竹田義彦院長が出版された本‘不老のサプリメント(講談社)’の出版お祝い会にお招きいただきました。
大変盛大な会で、竹田先生の予防医療への思いに共感いたしましたSmile

不老のサプリメント

☆皆さまは何かサプリメントを飲んでいますか?またどのような目的で飲んでいるでしょうか?今のんでいるサプリ、サプリの選び方、少し考えてみませんか。

~医療者からの目線で~
健康や美容志向の高まり、食の多様化・添加物の増加、手軽で合理的な栄養摂取、サプリはこのような背景からすっかり日常化したものとなっています。
食品の扱いのため手軽に購入できる反面、医師や医療機関の監修のないものが多く、私個人としては不安なことだなあ、と感じています

~安全な正しいサプリ選びを~
サプリ選びの注意をいくつかあげてみました
(1)購入時は原材料・栄養成分表示をチェック
(2)格安サプリは注意・・・新鮮でない、栄養素含有が少ないなどの可能性があります
(3)流行成分の誇大広告に注意・・・しかるべき手間とコストがかけられているか
(4)日本人には国産のサプリがお勧め

~これからのサプリは予防医療の役割・不老のサプリ~
私が注目しているこれからの新しいサプリをあげてみました!
食品からその成分を得られるものもありますが、科学根拠があり副作用がなく今後予防医療への貢献も期待しています。

(1)レスベラトロール(長寿遺伝子の一部活性化、抗酸化作用)
(2)アスタキサチン(天然カロテノイド、抗酸化作用、シミ・シワ改善)
(3)プラズマローゲン(アルツハイマー病との関連、認知症予防)
(4)エクオール(大豆イソフラボンの代謝物質、抗酸化作用、シワの改善、エストロゲン作用、抗アンドロゲン作用) など。。

☆とくにエクオールは更年期障害、ホルモンバランスによる不調を整えるのに有効ですSmile

健診シーズンにあたって-全日本病院協会の認定をいただきました!

今年は行楽日和の続いたゴールデンウィーク、皆さまはいかがおすごしでしたか?
連休が明けハマサイトクリニックも本格的な健診シーズンを迎えています
この度はうれしいご報告です

~人間ドックの認定医療機関へ~
全日本病院協会の健康保険組合連合会から2013年5月1日付で認定証をいただきました
(☆写真は認定証です)今後もスタッフ一同、よりよい医療の提供に努めてまいります

認定証 認定証

~ハマサイトクリニックの特徴~
私が当院へ赴任して3年経ちますが、当院では健診と外来の両方に力を入れていること、個別対応による診療科(内科、婦人科、整形外科、自由診療)の枠を超えた柔軟な診療の実施、が大きな特徴です。
健診で気になることが見つかった場合、外来で診療・治療がおこなうことができます。
特に私が専門の婦人科系については2次検診先をさがすことなくそのまま診療を受けられますのでご安心ください
Smile