• よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
女性向け健診、定期健康診断・人間ドック
03-5413-0049
電話受付:月~金 9:00~17:00
外来診療・その他
03-5472-1100
電話受付:月~金 9:00~18:00

これって更年期?

もしかしてこれ、更年期?

「年齢と共に、体調が悪くなるのは仕方がない」とあきらめて見過ごしがちなちょっとした変化も、実はホルモンバランスの乱れによるいわゆる「更年期症状」かもしれません。
あてはまる症状に、チェックしてみてください。気になる症状がある方は更年期専門外来のご受診をおすすめいたします。

眠れない / 眠りが浅い 寒がり 訳もなく不安を感じることがある 疲れやすい
物忘れをするようになった 口や喉が渇きやすい やる気が起きない 生理が乱れがち
ほてりやすい 汗をかきやすい 動悸がする むくみやすい
食べ過ぎたわけではないのに20代の頃よりもかなり太った
ダイエットしたわけではないのに20代の頃よりかなり痩せた
肩こり、腰痛が以前よりひどくなった

原因は、40代から急激に減少する女性ホルモン、「エストロゲン」。

女性の身体は40歳を過ぎたころから卵巣機能が徐々に衰え、やがて閉経を迎えます。この閉経をはさんだ前後約10年を「更年期」といいます。
この時期になると、卵巣から分泌される女性ホルモンの一つであるエストロゲンが急激に減少し、体の中のホルモンバランスが乱れます。ホルモンバランスが乱れると自律神経の調節が乱れて、ほてり・のぼせ・冷えなど、体にさまざまな不調が現れます。
その症状は実に様々で、100種類に及ぶともいわれており、約9割の女性が何らかの不快症状を感じます。

更年期症状の鍵、「エクオール」ってどんな成分?

1/2の女性が「大豆を摂っても効果を感じない」その理由。

大事なのは、大豆をたべたときに腸内で代謝される
女性ホルモン様物質「エクオール」と判明

そんなつらい更年期症状の緩和作用があるとされているのが、大豆製品。近年の研究で、この作用をもたらしているのは、大豆イソフラボンを摂取した時に腸内で代謝される「エクオール」という物質であることが解明されました。

2人に1人が、大豆効果を発揮するための腸内細菌を持っていません
市場ではイソフラボンを主成分としたサプリメントが更年期対策商品として流通されていますが、実は日本人の2人に1人、欧米人では3人に2人が、イソフラボンから女性ホルモン様物質エクオールを産生するために必要な腸内細菌を持っていません。
これらの方は、大豆食品を食べても、イソフラボンのサプリメントを摂取してもエクオールが体内にほとんど届かないため、更年期対策が遅れてしまいがち。
しかも、近年日本人の豆類摂取量は減少しており、エクオールを生産できる方でも、十分な恩恵を受けられていない状況が懸念されております。

エクオールが産生できる体質かどうかで効果的な更年期対策は異なります。まずは検査を。

エクオールサプリ エクオール検査(尿検査) 4,860円(税込)

結果は婦人科外来でご説明いたします。
食生活、サプリメントの活用、生活習慣など、
検査結果に基づく対策について何なりとご相談ください。
エクオール検査はインターネット予約も可能です。
エクオール予約ボタン

当院の更年期専門外来について

更年期世代の健康管理について、専門医にご相談いただけます。
詳しくはこちらをご覧ください。