• よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
女性向け健診、定期健康診断・人間ドック
03-5413-0049
電話受付:月~金 9:00~17:00
外来診療・その他
03-5472-1100
電話受付:月~金 9:00~18:00

乳がん検診

乳がんは早期発見なら治る確率が高いがんと言われています。
20代以降の女性は定期的に乳がん検診を受診されることをお勧めいたします。

当施設の乳がん検診
検査名 価 格 内 容
乳房超音波検査 5,400円 マンモグラフィで分かりにくい乳がんの描出も可能で、授乳中、妊娠中でも検査できます。
マンモグラフィー(両側2方向) 5,400円 乳房専用のX線撮影。超早期乳がんや、超音波で分かりにくい乳がんの検出に有用です。

 

乳がんとは?

乳がんとは?
乳がんは乳腺にできる悪性腫瘍です。 乳腺は小葉と乳管からなっています。乳腺は乳頭から木の枝のように放射状に広がり、その先に小葉と呼ばれる母乳を作るところがあります。母乳を乳頭まで運ぶのが乳管です。 乳がんの多くは、この小葉を構成する細胞から発生します。乳房の変化に気付かず放置していると、がん細胞が増殖して乳腺の外にまで広がり、リンパや血液の流れにのって、肺や肝臓、骨など乳房から離れた臓器にまで及びます。

日本人の20人に1人が乳がんに…

日本では、乳がんにかかる女性は年々増えており、2008年では年間約4万人でした。日本人女性の20人に1人が乳がんになるといわれています。また乳がんで亡くなる方も、ここ50年間で7倍近くに増えています。2008年には1万1千人を超える方が亡くなりました。 また、乳がんは、壮年女性(30から64歳)のがん死亡原因第1位となっています。お若いからといって安心は出来ません。 ※2008年 厚生労働省人口動態統計概数

20歳を過ぎれば乳がん年齢です。

最近の乳がんの発生は20歳過ぎからの若い世代で認められ30歳代ではさらに増えこれ以降は少し減少しますが、80歳代まで発生率は高いままで推移していきます。

乳がん危険因子について

乳がんの危険因子について

乳がん検診・・・マンモグラフィー?エコー検査?どちらを受ければいいの…

いくら乳がん検診が重要だといっても、全ての年齢の女性が全ての乳がん検診を受ける必要はありません。 例えば、マンモグラフィによる乳がん検診は、乳腺の発達している若い女性の場合、乳腺が白く映るため石灰化と判別がしにくくなります。よって、20代の女性が毎年受診する検査ではありません。(近親者に乳がん経験者がいる場合などは除く)年齢に合った検査方法を選択する必要があります。

マンモグラフィーによる乳がん検診の利点・欠点

利 点 手で触れることのできないしこりを発見できる
超早期発見により100%の治療が期待できる。
以前に撮ったマンモグラフィーとの比較が可能
欠 点 被ばくの心配がある
妊娠中・授乳中の女性は受診できない
若い女性は石灰化と乳腺の区別がつきにくい

超音波検診(エコー)による乳がん検診の利点・欠点

利 点 被ばくを受けない
乳腺が発達している女性や若い女性に適している
リアルタイムに検査結果を聞くことが可能
欠 点 超早期の石灰化が見つけにくい
記録として残すことが難しい
※ 上記内容は一定の条件の下で想定される利点・欠点です。

当院はマンモグラフィーが設備されております。

マンモグラフィーとは?

マンモグラフィーによるレントゲン検査 マンモグラフィーによるレントゲン検査 マンモグラフィー検診
マンモグラフィとは、乳房専門のレントゲン検査です。 乳房を透明な板に載せて、はさみ上下左右の二方向から撮影。はさむことで内部をはっきりと映し出すことができます。 “さわるだけでは発見できない「しこり」やがん細胞の死骸の「石灰化」、乳がんによる乳腺のひきつれまで確認できることで、しこりになる前の「小さながん」も発見できる利点があります。” “一方で、マンモグラフィによる乳がん検診では「しこり」そして、乳腺自体がともに白く映るため、乳腺が発達している若い女性の場合、「乳がん」やしこりを発見しづらい場合もあります。”

※厚生労働省では、40歳以上の女性に対して『2年に1回』のマンモグラフィによる乳がん検診と視触診の併用診断を推奨しています。


乳がん検査単体
 乳がんは早期発見なら治る確率が高いがんと言われています。20代以降の女性は定期的に乳がん検診を受診されることをお勧めいたします。
インターネットでの予約
予約専用ダイヤル 03-5413-0049 (受付:月~金 9:00~17:00)お電話でのご相談・問い合わせはこちら(クリニック代表番号) 03-5472-1100(受付:月~金 9:00~12:15/14:00~17:30)